《花を素材に使った花料理》

千倉の
綺麗な花が



いろんな料理に
アレンジ!


注意!
食用花は「食用として無農薬」で栽培しています。 観賞用の切り花は農薬などを使用しているので食べないで下さい。
花料理の食べられるお店、売っているところ
 ※花料理は1月10日〜3月末までご賞味できます。詳しくはお問い合わせください。
 ・千倉の旅館  問合せ:旅館組合
 ・千倉の民宿  問合せ:民宿組合(0470-44-2309)
 ・昼食
白鯨亭千倉町南海水浴場前0470-44-1213
ゆきのやJR千倉駅前0470-44-4575
磯笛潮風王国内0470-43-8566
政エ門千倉町忽戸0470-44-4071(要予約)
魚拓荘鈴木屋千倉町北朝夷0470-44-2811(3月一杯)
網元千倉町瀬戸0470-44-3939
 ・売っているお店(潮風王国ハクダイ食品白鯨亭

《花の食べ方の例》

例:花のテンプラ
天ぷら(きんせん花、金魚草、ストック)
 さっと水洗いし、野菜の天ぷらを揚げるのと同様に!

サラダ(きんせん花、金魚草、ストック)
 他の野菜と混ぜてドレッシングで
 ※きんせん花は、花びらだけを使用する。

他に、酢の物には「金魚草」が彩りがよく合います。 ピラフには「きんせん花」が合います。


スズキのムニエル
材料
スズキ、食用花、バター、ケッパー、アーモンド、トマト、レモン、松の実、パセリ、サラダ油、 生クリーム、牛乳、塩、コショウ
付け合せ野菜
ほうれん草、じゃがいも
作り方
スズキは3枚おろしにして1人前ずつカットにしてファライパンでコンガリ焼く。次に鍋にバターを入れ 溶かし沸騰し泡がでてきて焦げる1歩手まで、そうしたらその中に、ケッパー、アーモンドスライス、トマト、 松の実、レモン汁を入れ最後に食用花とパセリのみじん切りを加えて出来上がり。
付け野菜のほうれん草はボイルしてからバター炒め、ジャガイモはボイルしてから裏ごしをして、生クリーム と牛乳とバターで合わせて、盛り付け時点で魚の下に。


野菜と食用花のスープ
材料
キャベツ、玉ねぎ、人参、長ねぎ、カブ、ジャガイモ、トマト、ベーコン、ニンニク、食用花、バター、塩、ブイヨン
作り方
ニンニクをみじん切り、ベーコンと他の野菜は1cmの角切りにし、バターでよく炒めてビウヨンで煮る。 火が入ったら ジャガイモも入れて最後に食用花入れ味を調えて出来上がり。


アサリと菜の花とうすばはぎの
サラダ仕立て
材料
菜の花、食用花、あさり、うすばはぎ、サラダ油、白ワイン酢、白ワイン、小麦粉、塩、コショウ、ニンニク、赤ワイン酢
作り方
@まずサラダ油300ccとニンニク2個を鍋に入れて熱くする。
A白ワイン酢200ccと白ワイン50ccを別鍋に入れて沸かす。
@とAを合わせて味をしボールに入れた食用花の中に注ぎ冷やしておく。 菜の花はボイルして冷やす。 アサリは 白ワインで火を入れる。 うすばはぎは小麦粉をつけて油で揚げる。 これらをドレッシングで合わせた後、漬け込んだ 食用花を飾る。